地方自立への政策と戦略 - 平松守彦

地方自立への政策と戦略 平松守彦

Add: adorurur65 - Date: 2020-12-11 20:23:35 - Views: 6407 - Clicks: 7433

ドル崩落時代と革新の『自立戦略』―1987年. さて、安倍首相が「地方創生」を打ち出したが、 27年前にも同様の政策があった。それは1988年 から1989年にかけて、時の竹下首相が打ち出し た「ふるさと創生」事業である。各市区町村に 対し地域振興に使える資金1億円を交付した政 策である。. 6 図書 ヒト、ムラ、マツリの地域論 : 地域の自立.

84 書誌id: baisbn:. 地方分権を実質的に機能させるには、現行税制を地方が自立できるような制度に変える必要がある。国が地方に金を回す「三割自治」では、地方の生殺与奪は国の思うがままである>。 地域の自立戦略【25】「地方分権」~目的は住民生活向上~. 地方経営の時代 / 平松守彦 / p6~7 六〇年代の地域経済を展望する--成長・人・都市への発想 / / p8~21 地域経済自立へのシナリオ / 清成忠男 / p22~27. /地域経済の振興を説く地域主義は行政の政策にも影響を与え、国政では第三次全国総合開発計画(1977年開始)、首相・大平正芳が提唱した 田 園都市構想 (1978年提唱)、地方では大分県知事平松守彦(1979年)が掲げた 一村一品運動 などに結実した。. 地方分権改革・地方自治制度改革のゆくえ/人見 剛 統一地方選の争点は何か/佐々木信夫 「三重の改革」と知事三戦不出馬/中村征之 新しい産業政策が打ち出せるか/高寄昇三. 東京消防庁人事 地名のみは消防署 (10月1日) <署長> 麴町(品川)久保田幸雄 品川(八王子)水野寿 大森(救急指導課長)内田元高 浅草(1. (商品の説明)カテゴリ:中古本(単行本)単行本: 291頁ジャンル:人文・社会・政治学出版社: (株)ぎょうせい言語: 日本語発行日:昭和57年【商品の状態】使用状況:蔵書処分 ・商品の品質保証は出来ません。 ・全体に経年経過から擦り傷・シミ・シワ・多少. 『地方自立への政策と戦略 大分県の挑戦 』平松守彦(東洋経済新報社) /07 ¥1,890 kinokuniya amazon bk1 『日中相互実益時代がやってきた 中国を怖がっているだけでいいのか That’s Japan 』平松守彦、莫邦富(ウェイツ) /05 ¥1,575.

著者 大分県知事 平松守彦 発行 東洋経済 発行年月 1990年4月16日 第2刷発行 定価 1550円 税込み まだほとんど傷んでいないキレイな本です。 乱丁などの保障はありません。 あらかじめ値引きしてあります。. 都道府県独立国家論(とどうふけんどくりつこっかろん)は、現在の47都道府県が、領域・人口・経済などの条件をそのままに維持しつつ日本から主権 国家として独立することを想定した、現在および将来像についての議論を言う。 空想国家論のひとつ. 地方・地域からの発信 財政政策 日本の近代化遺産 : 新しい文化財と地域の活性化 伊東孝著 -- 岩波書店,, ix, 250, 4p. 平松, 守彦(1924-). 新しい豊の国をめざして-地方経営の時代と道路- 平松守彦: s. 自治基本条例の課題/佐藤克廣 常設型住民投票条例の問題点/武田真一郎 地方創生花盛りの昨今であるが、そうした動きの地方版第一歩は、平松知事の一村一品運動だと考える。 四世紀半以上前の1979(昭和54)年、通産官僚から大分知事に転身するや持論の一村一品運動、臨空工業都市構想などを推進、4年後の再選では得票率85%超の支持であった。.

寺岡, 寛(1951-) 同文舘出版. 大阪維新の会「維新八策」最終案は、昨日書いた資産課税のように、一部は賛同できない点もある。 しかし、大半が賛同できるもので、全体としてはすばらしい政権公約になっていると思う。. 地方分権事始め フォーマット: 図書 責任表示: 田島 義介 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1996 形態: 228p ; 18cm 著者名: 田島 義介. 地方からの発想 フォーマット: 図書 責任表示: 平松守彦著 言語: 日本語 出版情報: 岩波書店 東京 : 岩波書店 形態: 5p.

7: 35: A5: 無: s60: 研究懇話会9: c-14: 今後の日本の国土計画: 下河辺淳: s. 地方版総合戦略:各地域の人口動向や産業実態等を踏まえ、~ 年度(5か年)の政策目標・施策を策定 国:27年度を初年度とする「総合戦略」を推進。 総合 地方:国の総合戦略等を勘案し、「地方人口ビジョン」及び. 日本防衛学会公式ホームページ, 第62号年(令和2年) 3月 〈特集〉中国・第2期習近平政権の中間評価と展望.

年9月29日発行の12号より 「《番外編》九州独立への道」に対する皆様のご意見ご感想をお待ちしております。. 10 図書 地域づくり : 発想と政策 : 21. 1 図書 わたしの地域おこし : 地方のci戦略.

平松守彦著 21世紀の地域リーダーへ 体感的自立戦略のすすめ方、 東洋経済新報社 年7月刊 年に政界を引退された前大分県知事の平松守彦氏の、最近の著書である。充実した内容で、全292ページを1時間40分で読み終えてしまった。. 4月9日(火)午後2時40分から全国知事のリレー講義のトップを飾って、大分県の平松知事が登場。満場の学生達を前に熱弁を振るわれました。今後の全日程は、以下の通り。なお、この講座は讀賣新聞大阪発刊五十周年事業の一つとして取り組まれ、全講義が当該地域版を含め、紙面で紹介され. _平松守彦氏の講話概要 2.

4: 45: A5: 無: s59: シンポジウム: c-13: あすの九州と道路-ハイテクランドにおける望ましい道路網を求めて- s. 一村一品運動は大分県の平松守彦知事(当時)が 1979年に提唱した政策1で,県下58の全市町村(当 時)で住民が様々な活動を展開してきた(本論文で は政策としての一村一品運動を「運動」とし,この 政策に基づいて実施された個々の事業活動を「活. で、財政難とも相まって地方自立の機運が高まる など、つかの間の「地方の時代」が現出した。1979 年には平松守彦・大分県知事の提唱により「一村 一品運動」が始められている。 しかしその一方、東京をはじめとする大都市圏. _グループディスカッション 平松守彦氏講話の 概要 第二回「あおもり立志挑戦塾」を六 る「地域自立の戦略の後、前大分県知事の平松守彦氏によ野田塾長の敬慕の念あふれる講師紹介国際交流ハウスで開催しました。. 主題: 地域開発; 地域開発--大分県; 地方. &0183;&32;平松 守彦氏 大分県知事: 一村一品運動、各国に広がり 自立した地域づくりを目指す「一村一品運動」で知られる地方の論客は、独自外交に熱心なアジア通でもある。 1994年に10カ国の自治体トップが集うアジア九州地域交流サミットの初会合を地元で開催。. 1分権型社会に対応するための地方税源の拡充強化 地方における歳出規模と地方税収入の乖離を縮小する方向で、国 と地方公共団体の役割分担を踏まえ、税源の国から地方への移譲等 により地方税源の拡充強化を図ること。 2恒久的な減税対策への対応.

平松市長が重視される「市民の目線」は、市民の大阪市政に対する期待、意見を取り入れ、かつ、市民の 積極的な自立と参画を求める上で重要である。 その意味で、住民のエネルギーを活かす東成区の「参画協働センター」の動きは極めて高く評価できるも. 第2回 赤穂市地方版総合戦略策定委員会 会議録 1 日時 平成27年7月31日(金) 午後1時30分~午後3時 2 場所 赤穂市役所2階 204会議室 3 出席委員 (1)委員. 今年もほぼ半年経過今年もほぼ半年が経過した。だが不思議なのが年末には今年一年の回顧が特集されるが、どうしてニュースの多い昨今、半年で一度、今年の前半を回顧する特集をテレビや新聞はやらないのだろうか?神道だと6月末は大祓という重要儀式がありそれだけ、一年の半分が意識. 浙江省義烏市などの産業ツーリズム戦略について 地方自立への政策と戦略 - 平松守彦 page42 17、浙江省の専業市場政策の起点を探る 平松守彦元知事の一村一品運動。四半世紀も前の昭和54年(1979)に大分県知事に就任するや、同県下の全市町村で「一村一品県民運動」. 地域おこし 地域おこしの概要 ナビゲーションに移動検索に移動この項目では、地域(地方)の経済力や意欲の向上、人口を増やすことについて説明しています。地域の形成については「まちづくり」を、安倍内閣の政策については「地方創生」をご覧く. ※ 代表者職・氏名欄の(県ob)は県退職者を示し、( )内に県退職時の職名を記載しました。 神奈川県では、次の法人のうち主体的に指導する必要がある法人を「県主導第三セクター」と位置付けていま.

都市部と地方との格差が広がり、地方をいかに活性化させるかが各国の首長たちの課題となる中、地域の資源を生かした地場産業振興に取り組み、地域の自立を実現させた大分の一村一品運動が注目を集め. 道州制推進連盟設立の母体となった政策提言型市民団体 朝日新聞「自治体財政」の記事 朝日新聞「平成の大合併を考える」議論 西尾勝氏私案に対する意見(e-デモクラシー編集部) <個人の意見> 平松守彦元大分県知事「地方分権を考える」. 畠中宗一編『関係性のなかでの自立-情緒的自立のすすめ-』(現代のエスプリ508号)(堀口美智子) (社)日本家政学会生活経営学部会編『暮らしをつくりかえる生活経営力』(三輪聖子). 平松, 守彦(1924-) 書誌id: baisbn:子書誌情報. ; 18cm 著者名:. 地域おこし(ちいきおこし、地域興し)とは、地域(地方)が、経済力や人々の意欲を(再び)向上させたり、人口を維持したり(再び)増やしたりするために行う諸活動のことである。 地域活性化、地域振興、地域づくりとも呼ばれる。.

地方自治土曜講座ブックレット ; no.

地方自立への政策と戦略 - 平松守彦

email: pudumo@gmail.com - phone:(880) 215-5195 x 2885

日本官僚制の研究 - 辻清明 - 須田鷹雄 POGの達人

-> 言の葉 茨木のり子集 - 茨木のり子
-> ファインダーの向こう側 - 佐伯茜

地方自立への政策と戦略 - 平松守彦 - 結婚式と披露宴のマナー


Sitemap 1

有機EL研究概論 革新的イノベーションを生んだ科学と技術 - 筒井哲夫 - 東京ベイ 相良秋男 night